Topics

Exploring emerging domain on diplomatic issues - outer space, cyber space, and ocean space

米国議会の諮問機関、中国のサイバー空間における活動に関する報告書を公開

2013年11月20日、米国のUS-China Economic and Security Review Commissionは年次報告をとりまとめ、米国議会に提出した。報告書の2章は"China Cyber Activity"と題され、中国のサイバー活動が米国に与える影響について記述が行われている。この報告書では米中間の経済・貿易問題や中国の外交・軍事問題に関する分析がなされている。

US-China Economic and Security Review Commissionは米国議会の諮問機関であり、米中間の経済問題や安全保障問題について、超党派で検討を行なっている。この委員会は、2000年10月に設立され、上下両院が指名した12人の委員によって構成されている。 この報告書におけるサイバー分野の結論は次の通り。

  • 中国政府は米国に対するサイバー空間におけるスパイ活動を指示、実行している。攻撃対象となっているのは国防省を含む政府機関、民間企業、民間組織であり、経済的および戦略的に幅広い目的でサイバー空間におけるスパイ活動を行っている。具体的には、中国企業に対して集約された情報を提供し、世界中の競合他社よりも優位な立場に立たせる目的で行っている。このスパイ活動によって中国企業が長期にわたる研究開発を加速させ、将来の軍事行動のための情報を収集することを可能としている。
  • 中国は、近年の技術的な見地に基づくサイバー空間でのスパイ活動の露呈にもかかわらず、米国に対するサイバー空間の侵入行為をやめていない。この行為は中国が米国に対するサイバー空間における作戦行動を続けることを決めたことを示唆している。
  • 米国のクラウドコンピューティング利用者が中国に設置されたクラウドコンピューティングの資源を活用することはサイバーセキュリティに関するリスクを向上させる。中華人民共和国国家安全部と重慶のクラウドコンピューティング特区の関係は特区内から提供されるクラウドコンピューティング資源を利用する、または特区内で事業を行う外国企業にとっての潜在的なリスクとなる。さらに、中国のデータセンタ事業者である21Vianet (世紀互聯)が提供するデータセンタと中国国外のマイクロソフトのデータセンタを接続する計画は、中国政府が中国のデータセンタを介して国外のデータセンタに接続することにつながる。
  • 米国政府は中国政府に対してサイバースペースにおける活動方針を変更させ中国のサイバー空間における窃盗行為をやめさせる必要がある。方策および法律としては次のような項目が議論中である。新たな法律の制定または既存の法律の改定、中国のサイバー空間利用者および指導者に対して制裁、対インテリジェンス戦術を通して費用対効果を変える、多国間交渉による対策、知財保護のための省庁間連携を管轄する閣僚レベルのポストの割当、米国政府と民間企業の連携など、これらの手段が複合的に用いられればより効果的である。これらの対策が個別に実施された場合、中国政府が一時的もしくはちょっとした変化にしかつながらないであろう。

出所:
U.S.-CHINA ECONOMIC and SECURITY REVIEW COMMISSION
http://www.uscc.gov/index.php

2013 Annual Report to Congress
http://www.uscc.gov/Annual_Reports/2013-annual-report-congress

US-China Economic and Security Review Commission released an report related to China's cyber activites

On 20 November, US-China Economic and Security Review Commission released an report "2013 Annual Report to Congress". This report Section 2 of the report is titled as "China's Cyber Activities" and it pointed out Chinese government is directing and exercising a large-scale cyber espionage.

The United States-China Economic and Security Review Commission is a congressional commission of the United States government. The commission was established on October 2000 to monitor and investigate national security and trade issues between the United States and People's Republic of China.

This report concludes  China's cyber activities as following.

  • The Chinese government is directing and executing a large-scale cyber espionage campaign against the United States and to date has successfully targeted the networks of U.S. government and private organizations, including those of DoD and private firms. These activities are designed to achieve a number of broad economic and strategic objectives, such as gathering intelligence, providing Chinese firms with an advantage over their competitors worldwide, advancing long-term research and development objectives, and gaining information that could enable future military operations.
  • China has not reduced its cyber intrusions against the United States despite recent public exposure of Chinese cyber espionage in technical detail. This suggests Beijing has decided to continue its cyber campaign against the United States.
  • Developments in cloud computing in China may present cybersecurity risks for U.S. users and providers of cloud computing services. The relationship between China's Ministry of State Security and the Chongqing Special Cloud Computing Zone represents a potential espionage threat to foreign companies that might use cloud computing services provided from the zone or base operations there. In addition, the plan to link 21Vianet's data centers in China and Microsoft's data centers in other countries suggests the Chinese government one day may be able to access data centers outside China through Chinese data centers.
  • There is an urgent need for Washington to take action to prompt Beijing to change its approach to cyberspace and deter future Chinese cyber theft. Actions and policies under discussion include the following: passing new legislation or modifying existing legislation; changing the cost-benefit calculus of Chinese cyber actors and China's leaders through sanctions and counterintelligence tactics; undertaking multilateral measures; appointing a Cabinet-level official to oversee an interagency process regarding the protection of intellectual property; and enhancing cooperation between the U.S. government and the private sector. These would be more effective if used in combination, as they probably would lead Beijing to make only temporary or minor changes to its cyber espionage activities if used in isolation.

[Reference]
U.S.-CHINA ECONOMIC and SECURITY REVIEW COMMISSION 
http://www.uscc.gov/index.php

2013 Annual Report to Congress
http://www.uscc.gov/Annual_Reports/2013-annual-report-congress