News

Exploring emerging domain on diplomatic issues - outer space, cyber space, and ocean space

Joint Symposium at University of Tokyo

東京大学一条ホールで共催シンポジウム開催

9月17日、三菱総合研究所と東京大学の共催シンポジウムが東京大学一条ホールにて開催されました。本シンポジウムでは、日米宇宙機関のトップからのビジョン報告、国連等で合意形成が進む宇宙空間での行動原則等、今後の宇宙戦略を考える上で必要となる観点について議論が行われました。

第1部「グローバル化社会と宇宙」では、NASAチャールズ・ボールデン長官、JAXA奥村理事長を始め、宇宙戦略の指導者から、宇宙政策や国際協力について講演がありました。一貫して、宇宙開発とは深宇宙の探査や天文学への貢献に留まらず、社会経済の繁栄と密接にかかわっていることが述べられました。
第2部では、宇宙技術を活用したイノベーションの取組みについて、向井宇宙飛行士をはじめ、様々な分野の方々による講演とパネルディスカッションが行われました。

Joint Symposium at University of Tokyo

We have held joint symposium at Ichijo Hall, University Tokyo on 17 September. In this event, the administrators of Japanese and U.S. space agencies addressed and discussed their vision, treaties and principles over outer space discussed in United Nations, and necessary viewpoints for future outer space strategy development.

In the first session "Globalization and Space", Charles Bolden, the administrator of NASA, Naoki Okumura, the president of JAXA gave talks about space policies and international cooperation.