Concept

Exploring emerging domain on diplomatic issues - outer space, cyber space, and ocean space

About Us

The importance of diplomatic and security policies is rapidly growing on space, cyber and ocean issues. To enhance international collaboration as well as to deeply understand current situations, Mitsubishi Research Institute and Graduate School of Public Policy in University of Tokyo have launched a policy research platform in a research project of diplomatic and security policies funded by Ministry of Foreign Affairs of Japan.
This website, "ESPRIT - Emerging Strategic domain Policy Research Platform In international relationship", provides you comprehensive overview and the latest news of our project.

宇宙・サイバー空間・海洋における外交・安全保障政策上の重要性は一層高まっています。外務省の外交・安全保障調査研究事業費補助金(総合事業)によって本年度実施する「海洋ガバナンス:国際海洋秩序と海洋安全確保に関する外交・安全保障シンクタンク形成事業」において、株式会社 三菱総合研究所および東京大学公共政策大学院は、政策研究プラットフォームを設置し、我が国の当該分野における外交課題に関する情報収集・分析・発信等様々な活動を行っています。
本ウェブサイト"ESPRIT - Emerging Strategic domain Policy Research Platform In international relationship"では本事業の概要ならびに研究結果を掲載しています。

Our Project

It is inevitable to realize "Open and Stable Seas" based on UNCLOS statement for global peace and prosperity. Nothing but international collaboration is in urgent need to build and maintain international orders of seas as global commons. In our project, we discuss issues on ocean space such as piracy and marine minerals and address solutions and policy proposals based on the rules of law.
In addition to ocean space, we have also discussed outer space and cyber space which are considered as new domains of global commons.

海洋空間において、UNCLOS に基づく、法秩序に支えられた「開かれ安定した海洋」の実現は、日本だけでなく国際社会全体の平和と繁栄に不可欠であり、各国と連携した海洋秩序の構築、適切な管理の実施が求められています。本事業では、国際公共財(グローバル・コモンズ)であり、領土・領域保全、安全保障や国益・国際利益確保において重要な海洋空間における新たな課題(海賊問題、海底鉱物資源等)に対応する必要性を鑑み、法秩序に則った日本として取るべきアプローチの検討、政策提言、そして国際協力の推進を目的としています。
同時に、宇宙空間・サイバー空間は全地球領域における共有領域(国際共有財;グローバコモンズ)における、新たな領域として認識されています。この2つの領域は安全保障における議論で、海と空に次ぐ領域として認識されています。
宇宙空間・サイバー空間は、いずれも科学技術が生み出した人類の新たな活動領域であり、近年では外交・安全保障上の問題が強く認識され、ガバナンスが不十分という「共通点」を抱えています。たとえば、宇宙分野におけるガバナンスについては、1960 年代の国連における宇宙条約の締結が行われましたが、強制力および調整機構の欠如が指摘されています。また、サイバー分野では技術標準などにデファクトスタンダードを基準とすることが多く、国際的な取り決めが複数存在して対立構造を作っています。そのため、宇宙分野と同様に利害関係の調整能力や強制能力は低いとみられています。このような環境下で、我が国が日米同盟等の国際関係に基づいた、宇宙空間及びサイバー空間における外交戦略をもつことは、外交において意義深いものといえます。

Main Activities

  • Studies of Existing Policies (Comparative study of U.S., Europe, and other countries' policies)
  • Promoting international cooperation framework discussed in U.N. and multilateral treaty
  • Proposing direction of outespace and cyberspace diplomacy for Japanese government
  • Proposing policy for mutual cooperation in the field of emerging domains based on the foundation of the Japan-U.S. alliance
  • Building diplomatic context for cybersecurity
  • 全般的な調査分析(情報ストック業務):欧米等の政策、外交活動等についての調査研究、政策分析、情報蓄積
  • 国連、多国間協力枠組みの推進:宇宙状況認識(デブリ等軌道上環境保全)、先端技術管理・不拡散など情勢分析 と国際規範検討
  • ASEAN等の新興国あるいは外交上の重要国との協力の推進
  • 日米を基軸とした安全保障分野での相互補完、地域安全保障への施策提言
  • サイバー空間における外交・安全保障上の分析、外交分野における提言

Contact Us

For inquiries related to community relations, the media, and publications, please email to ESPRIT project office.

本プロジェクトに関するお問い合わせ、インタビュー等は事務局まで電子メールでご連絡ください。

esprit@mri.co.jp